TAO

日本教育工学会にてテスト・ドリルのオープン標準規格QTIについて講演「教育ビックデータ・学習資源の共有の実現に向けて教育工学の立場から国際標準規格の必要性を考える」

2017年3月27日、日本教育工学会(JSET)が主催する「2016年度 産学協同セミナー」にて、弊社 永井 正一(ディレクター)が、eラーニング,CBTシステムにおけるテスト・ドリルのオープン標準規格QTI (question & test interoperability)についての講演,および標準化に向けての課題・展望に向けてのパネルディスカッションに参加いたしました。


2017年3月27日、日本教育工学会(JSET)が主催する「2016年度 産学協同セミナー」にて、弊社 永井 正一(ディレクター)が、eラーニング,CBTシステムにおけるテスト・ドリルのオープン標準規格QTI (question & test interoperability)についての講演,および標準化に向けての課題・展望に向けてのパネルディスカッションに参加いたしました。

講演テーマ:「 IMS GLC QTI標準規格および事例ご紹介 」 
永井正一( ㈱インフォザイン 教育環境デザイングループ ディレクター 内田洋行教育総合研究所)

「 IMS GLC QTI標準規格および事例ご紹介 」資料



なお、「2016年度 産学協同セミナー」全体概要およびセミナー報告(発表資料)については,一般社団法人日本IMS協会サイトをご参照ください。

関連