オープンソースCBTプラットフォーム

TAO Core

国際的標準規格に完全準拠

世界標準のオープンソースCBTプラットフォーム

g10-1

OECD PISA/PIAACでの大規模実績

TAOは、OECD(経済協力開発機構)が実施するPISA、PIAACなど学力調査でのエンジンとして採用されており、大規模での実施で培われた高い信頼性を誇ります。

直感的な操作で簡単に問題・テストの作成

問題形式パレットからドラッグ&ドロップするだけで、直観的に問題作成ができます。使い方は、至ってシンプル。 短時間の学習で、すぐにご利用いただけます。

問題・テストは流通性の高い標準規格QTI形式をサポート

TAOは、テスト・ドリルの国際的標準規格 QTIに完全準拠した問題ならびにテストを作成することができます。作成した問題・テストはエクスポートし、QTI対応の他システム(LMSなど)に取り込み、利用が可能。また、他システムで作成したQTI形式の問題・テストも、TAOで利用することができま

Moodleなどの外部LMSとのシームレス連携

TAOは、学習支援ツールの相互利用を保証する国際的な標準規格LTIにも準拠しているため、現在ご利用中の学習ツール(Moodleなど)とのシームレスな連携利用が可能です。

株式会社インフォザインは、TAOの開発元であるOpen Assessment Technologies社の日本におけるソリューションパートナーです。

tao_oat

概念図

スクリーンショット_2016-08-19_18.52.48_iybcvz
  • 作成・編集

  • 実施

  • レポート・管理

問題作成

  • 問題形式:単一・多肢選択、並び替え、穴埋め、組み合わせ(マッチング)、記述問題、他全17タイプ(標準規格QTI形式で生成)
  • ドラッグ&ドロップによる問題形式選択、編集、プレビュー
  • 添付用の画像、音声、動画、テキストファイルアップロード
  • 問題アイテム一括インポート、エクスポート
  • 問題ごとの配点設定
  • 解答に対するフィードバックテキスト入力
  • 問題バンクによる統合管理
  • MathML(数式マークアップ言語)対応

テスト編集

  • 問題を選択しテストを編集
  • テスト一括インポート、エクスポート
  • テストプロパティ設定

テスト配信

  • テストへの受験者割当
  • テスト公開設定(テスト公開、非公開日の設定)
  • テスト受験回数設定(1回〜何度でも)

テスト実施

  • WEBブラウザでの実施
  • 他システム(LTI準拠)からのテスト実施可能

テスト採点

  • 自動/手動採点

テスト結果レポート

  • 管理画面による結果閲覧(管理者のみ)
  • 結果CSVエクスポート

受験者管理

  • 受験者登録、一括登録、一括エクスポート
  • 受験者グループ登録、一括登録、一括エクスポート

TAO Coreのダウンロード

TAO Core 3.5 Release Candidateは、下記またはGitHubからダウンロードしてください。インストール方法はユーザーガイドに記載されており、その他のドキュメントはTAO Hubからアクセスできます。(英語)

FAQ

よくあるご質問

TAO Coreの価格を教えてください

TAO Coreは100%オープンソースです。そのため無料でダウンロード、インストールすることができます。

TAO Coreを導入するにはどうすればいいですか?

TAO Coreは、自社のデータセンターを通じてオンプレミスで展開することができます。また、プラットフォームをホスティングすることも可能です。どちらを選択するにしても、環境を整えるためには以下のようなスキルを持った人が必要です。

  • LAMPスタック(PHP、Apache、Linux、MySQL、PostgreSQL)を用いたソフトウェア開発の専門知識
  • エンジニアリングおよびシステムアーキテクチャに関する専門知識
  • Webフロントエンド開発(Javascript、XML、HTML、jQuery)
  • ホスティングに関する知識

なお、TAOクラウドJPでは、マネージドサービスをご提供しています。

TAO Coreのカスタマイズは可能ですか?

TAO Coreのソースコードを独自の機能で補強・拡張することができます。ただし、ソースコードをご自身で変更されますと、プラットフォームのバージョンアップに伴う互換性に支障をきたす可能性がありますのでご注意ください。

SaaS

TAOクラウドJP

SaaSソリューションであるTAOクラウドJPは、Webブラウザからコンテンツを追加するだけで、すぐにオンラインアセスメントを始めることができます。

インフラ構築のノウハウやコストは不要です。高い信頼性があり、セキュリティを心配する必要はありません。

Frame 1