IMS

「IMS グローバル・ラーニング・コンソーシアム(IMS Global) 標準の最新動向」についての報告

2月22-25日、米国メリーランド大学で開催された「IMS February Quarterly Meeting and ePub Accessibility and EDUPUB Alliance Summit」への参加報告を、日本電子出版協会(JEPA)主催の「教育ICT:IMS、EDUPUB最新動向 第7回」セミナーで行いました。


2月22-25日、米国メリーランド大学で開催された「IMS February Quarterly Meeting and ePub Accessibility and EDUPUB Alliance Summit」への参加報告を、日本電子出版協会(JEPA)主催の「教育ICT:IMS、EDUPUB最新動向 第7回」セミナーにて、弊社松田が行いました。
IMSグローバル・ラーニング・コンソーシアムは、eラーニングやICT教育に於ける、アプリケーションやコンテンツなどの技術仕様の国際的な標準化を進 める学術機関、企業からなる国際コミュニティで、今回の報告は、IMSワーキンググループの一つであるドリル、テストに関する標準規格QTI部会で発表さ れた最新仕様「aQTI」についての内容となっています。

QTIワーキング・グループ報告「ドリル、テスト交換形式であるQTI最新動向 IMS aQTI」

配布資料


なお、「IMS February Quarterly Meeting and ePub Accessibility and EDUPUB Alliance Summit」について全体の報告については、日本電子出版協会(JEPA)のサイトをご参照ください。

JEPA「教育ICT: IMS、EDUPUB最新動向 第7回」セミナー
「IMS グローバル・ラーニング・コンソーシアム(IMS Global)標準の最新動向」

関連